スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川崎大師で新年の厄除けを。

J14_3570-blog.jpg
[川崎大師大本堂]

新年になってから早2週間。
いろいろあって、川崎大師厄除け祈願にいってきました。

内容的にプライベート過ぎるので(笑)、もちろん細かく書きませんが
クリスマス前から仕事中の不運が重なり、年内最後の週には仕事で判断ミスをし、
年明けには金沢まで行ったのにカメラのメモリーカードを忘れるという失態を犯し、
仕事が始まってからは、これまた仕事中に良かれと思ってやったことが裏目に出て・・・・

となコスやコミケやらディズニーに行って休みを満喫しつつも、
オフでは、心の奥底ではいろいろ悩みまくっておりました。

今年はまだ前厄でも厄年でもないんですが、
これはまずいということで、厄除けでは有名な川崎大師に行ってきました。
きちんと厄除け・護摩祈祷もしてもらってきました。






J14_3573-blog.jpg
[献香所の様子]

[ 川崎大師Webサイト ]
http://www.kawasakidaishi.com

川崎大師は、足立区の西新井大師、千葉県香取市にある観福寺とともに、
関東厄除け三大師とも呼ばれる寺院。
また、成田山新勝寺、高尾山薬王院とともに、真言宗智山派の大本山の寺院で、
昔から「厄除けのお大師さま」として親しまれています
(公式サイトの紹介より)

新年があけてから2週間経つのに、祈祷の人で大本堂はいっぱいになります。
本堂の中の写真は撮れないので、写真は出せませんが、
かなり窮屈な空間で正座をして修行(一緒に唱えたり)します。

効果があったのかどうか、まだわずかな日数しか経ってないのでわかりませんが、
気の持ちようなのかなとも思っています。

ちなみに祈願料は5000円から。
お金ではないとは思いますが、やっぱりそこまでしたなら、
いい1年にしないとという気持ちにさせてくれるので、
意識改革をするという意味では、いいきっかけにはなった気がします。






J14_3555-blog.jpg
[八角五重塔と境内の露店の様子]

公式サイトの境内マップをみてもらえればわかるとおり、敷地はかなり広い方だと思います。
神田明神に昔よく通ってましたが、そこの3倍くらいの面積はあるのかなと思います。


J14_3631-blog.jpg

J14_3626-blog.jpg
[境内の露店の様子]

おそらくこのお正月の時期だけなんだと思いますが、
境内にはたくさんの露店が並びます。
個人的には蒸したじゃがいもを使った、じゃがバターが好きです。

今回は時間的に立ち寄りませんでしたが、
普段はあまり食べないものを外で食べるというお祭り感がいいですよね。

コミケにはいつも露店は肉の串焼きのお店がよくビッグサイト外にありますが、
じゃがバターもあればいいのになぁなんて・・・






J14_3590-blog.jpg

J14_3586-blog.jpg

J14_3592-blog.jpg
[川崎大師の仲見世にある甘酒専門店]

川崎大師では甘酒せき止め飴が有名です。

甘酒は開運を謳っていて、写真のお店ではお酒の入ってない子供でも飲める甘酒を出していました。
甘酒って、300円以上するのが、こういった場所での相場だと思うのですが、川崎大師では100円という安さ。
しょうがも少し聞いていて、甘くなくておいしかったなぁ。


J14_3579-blog.jpg

J14_3602-blog.jpg


せき止め飴のお店は、仲見世に5店舗以上あって、
それぞれから飴を切るリズム感のある音が響いています。ここの名物ですね。






J14_3605-blog.jpg

J14_3610-blog.jpg
[仲見世の雰囲気]


そんなわけで、川崎大師レポでした。


ちなみにお正月限定かもしれませんが、
川崎大師の最寄り駅のある京急大師線では、
2種類のヘッドマークを付けた電車が走っています。
手書き風のイラストがかわいいですね!!

J14_3641-blog.jpg

J14_3638-blog.jpg




writing & photo:さっとん
スポンサーサイト

 川崎大師 厄除け スナップ 建物写真 露店 甘酒 せき止め飴

- 0 Comments

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。